ウォーターサーバーや宅配水、そして健康的な水素水を活用する

新着情報

2013/10/15
利便性を更新しました
2013/10/15
水素を更新しました
2014/02/20
恵みを更新しました
2014/04/17
クリクラを更新しました
2014/06/03
ハワイウォーターの概要を更新しました

供給

waterserver

ウォーターサーバーが保有する機能は、大きく分けて2つ存在する。
一つの機能は、常に冷水を供給できるようにすることが出来る機能。
機種により幅はあるが、約6度という適度に冷却された冷水をいつでも必要なときに、必要なだけ供給することが可能である。

そしてもう一つの機能は、常にお湯を供給できるようにすることが出来る機能。
約87度から90度程度のお湯が、常に途切れること無く必要なだけ供給される。
この機能が存在することにより、電気ポットの必要性はなくなるといえる。

ミネラルウォーターを購入してきたとしても、それを冷やしておくためには冷蔵庫にペットボトルを入れておいたりする必要がある。
そういった意味では、ウォーターサーバーを導入することによって冷蔵庫の中身をスリム化することも可能となる。
ミネラルウォーターを常に冷蔵庫に冷やしてあるような家庭においては、ウォーターサーバーを導入することによってその辺りも変化が見られるといえる。

衛生面

eiseimen

ウォーターサーバーを利用することによって、飲水に関する衛生面を向上することも可能である。
通常、ペットボトルを利用したりするとどうしても余った分は常に空気にさらされることになってしまう。
その点、ウォーターサーバーであれば多くの会社が使用した分だけ縮んでいくペットボトルを採用している。
結果として、ウォーターサーバーに供給される水は最初から最後まで空気と触れることは最低限に抑えられるのである。
これにより、酸化を防いで風味の劣化などを抑え、常に新鮮な味わいの飲料水を飲むことができるのである。

また、ウォーターサーバー内でも冷却することによって静菌作用を発揮させたり、過熱することによって滅菌作用を発揮させたりすることが可能となる。
本体内でも、衛生面を維持するための効果が発揮されているため常に安心して飲めるのである。

電気代

denkidai

ウォーターサーバーを利用することによって発生する一ヶ月の電気代は、大体平均値としては800円から1000円程度であるという発表がある。
一日あたりに換算すると、だいたい20円から30円程度かかっている計算となる。
しかしながら、ウォーターサーバーを導入することによって得られるメリットも存在するため一概に電気代が上がるとは断定できない。
まず、飲料水を飲むために冷蔵庫を開ける必要性がなくなるため、庫内温度の上昇を防いで電気代が安定する。
また、電気ポットやガスでの湯沸かしも不要になるために最終的にはその分の光熱費を削減することに繋がるといえる。
その点を考慮すると、一概に電気代が上昇するかどうかという目線のみで語ることはできないともいえる。

なお、多くの業者においてウォーターサーバーの機器レンタル料金そのものは無料であることが多い。

便利な使い方

ウォーターサーバーは、一家庭で複数台の契約を行うことも可能である。
よって、自宅が二世帯住宅である場合など人数や居住空間が分離している場合にそれぞれの世帯に別々にウォーターサーバーを設置することも可能である。

また、ウォーターサーバーで利用している水に関しては12リットル単位など、大きなロットのものであることが多く交換の手間もそこまでかからない。
さらに、ランニングコストという観点から見ても1リットルあたりは150円~160円程度と、利便性によって十分相殺できると考えられる範囲の価格設定となっているのが特徴だといえる。

オフィスなどの場においては、いつでも手軽にミネラルウォーターを飲むことが出来る環境を整えることができ社員の福利厚生に役立つといえる。
来客用にも十分対応できるクオリティであり、ウォーターサーバーが存在するだけで社内環境は大きく良くなるのである。


人気リンク

水を飲むなら【「無料」で選ぶウォーターサーバー人気ランキング】

コスモウォーターで自宅用のウォーターサーバーを購入しましょう「コスモウォーター」